本文へスキップ

 




学校長より




CSSプログラムとは

CSSプログラムとは

社会的職業的自立に向けて必要な知識、能力、技術、態度を養うために設定された、群馬県立高崎高等学校全日制生徒対象の教育プログラムです。特別活動、総合的な学習の時間、その他の時間を利用して行われる様々な活動が有機的につながることにより、目標の達成を目指します。

目標

  • 社会的職業的自立に向けて必要な基盤となる能力を身につける。
  • 将来、社会のそれぞれの場で、重要な役割を担って活躍することを可能にするための、理解力、思考力、判断力、読解力、表現力の基礎を身につける。  
  • 世界に通用する教養の基盤を身につけ、科学する態度を養う。

CSSプログラム3年間の流れ(平成27年度版)

 (1)進路学習(Career 進路や職業について体験し理解する。)
学年・月 実施内容
1年 4月  新入生オリエンテーション合宿 2泊3日
「独立行政法人赤城青年交流の家」
7月  進路資料研究 ⇒ 文理選択予備調査
8月  インターンシップ ※医学部医学科希望者対象
9月 大学・被災地見学会 1泊2日
東北大学・東日本大震災被災地へ
 10月 各分野ごとに講師10名程度による授業
 12月 進路講演会 ⇒ 文理選択本調査
3月  大学生学部別講義 講師8名程度
2年 8月 オープンキャンパス出席 報告レポートの提出
9月 企業研究所大学訪問 2泊3日
筑波、東京、京浜、近畿方面
12月  進路講演会 ⇒ 3年次コース選択調査
 3月 大学生学部別講義 講師8名程度
 3年  6月  進路実現プラン立案
 (2)探究活動(Search 体験を通して、研究の方法と探究心を身につけるとともに、言葉の力を鍛え磨く。)
学年・月 実施内容
1年  4月

9月
CSS読書指導
「CSS」選書による読書、その他の読書、レポート提出
 4月

3月
「現代社会」の授業内での新聞記事の内容発表
 10月

3月
CSS論文準備・作成
論文テーマ設定、全職員分担による個別指導1・2、
資料収集、執筆
2年  4月

9月
企業研究所訪問の事前学習
 4月

9月
CSS論文の完成、相互評価
提出、クラス内相互評価、優秀論文選定、優秀論文集の作成
9月

12月
 
企業研究所大学訪問の事後活動
レポート作成
 3年  7月 進路希望ごとの小論文演習 
書く力を高めて、外に発信する。
 (3)サイエンス(Science 科学する態度と思考力の育成。世界に通用する教養の蓄積。)
学年:対象・月 実施内容
1年

3年
7月 CSS講演会 外務省高校講座
1年:全員
2年:SS,HS
3年:SS,HS
 
英語運営力強化 TOEIC受験
2年:SS,HS 課題研究1 SS:先端科学講座 HS:4分野講座
2年:
SS,HS
7月  SS・HSアメリカ研修 ※SS・HSクラス希望者のみ
2年:
SS
 8月  SSHクラスOB講演会と交流
 2年:SS,HS  課題研究2 SS:実験講座 HS:英語ディベート
 2年:HS
3年:SS
 課題研究3 SS:研究発表会 HS:英語ディベート発表会