本文へスキップ

 




学校長より






学校沿革(明治時代)
 元号 年  月  日   
明治 30 4 1 創立、群馬県尋常中学校群馬分校と称し、高崎町大字赤坂町長松寺に仮校舎を設置。これより先、明治10年9月、第18番中学区高崎駅に中学が創設されたが、同12年廃校となり、前橘高校の前身利根川学校のみ存続していた。
31 3 31 上和田町の2階建校舎208坪落成。総建坪416坪、敷地坪数5,004坪1合8勺。敷地校舎は高崎町及び群馬郡の寄附。
4 群馬県中学校群馬分校運動部が設置され、「撃剣」「ベースボール」が始まる。
32 4 20 寄宿舎180坪落成、開舍式。
33 4 1 独立して群馬県高崎中学校と称す。この年7月18日、高崎町、高崎市市制施行。
運動部として「フットボール」が始まる。
34 3 31 講堂及び中央校舎竣工、建坪237坪。敷地116坪拡張、高崎市の寄附。
4 1 群馬県立高崎中学校と改称。この呼称は昭和23年まで続く。
運動部として「柔道」「庭球」が始まる。
10 3 御真影奉戴。
35 2 22 第1回卒業証書授与式。
5 2 皇太子殿下、有栖川宮殿下御同列本校へ行啓、恩賜金の御沙汰あり。
6 校友会発足し、運動部、学芸部を置く。校友会雑誌「群馬」発刊。
36 3 理科室、生徒控所落成、建坪193坪5合。敷地2,420坪拡張。
7 25 同窓会、第1、2回卒業生により結成。
38 4 1 群馬県立安中中学校、本校の分校となる。校友会規約が改正され、運動部の中に撃剣・柔道・庭球・野球の各部が認められる。
10 敷地24坪5合を高崎市に払下。
39 9 銃器庫、建坪22坪新築。
40 4 帽子の徽章「高中」を「中学」と改め、2本の白線を配す。
45 4 1 安中分校を本校に合併。
4 28 創立15周年式典挙行。